総合内装工事・リフォーム工事

フローリング●LIXIL ラシッサD D2/ライトメープルF
交渉

社長のブログ

交渉

2009 年 12 月 3 日

 先日、あるお客様に呼ばれ会議室にてこのように告げられました。

<当社は利益がでなくてとても苦しんでいる。ついては、これから発注する仕事は全て5%値引きしてもらえないか>

現在売り上げ、利益率共に苦しんでいるのは、どの業界のどの会社でも同じなのではないでしょうか。(もちろんこの不況のご時世に売り上げ、利益率ともに伸ばしている立派な企業もありますが) 僕は次のようにお願いしました。

<それでは、それぞれの現場のご発注いただく際に個々の現場担当同士で、状況を見ながら御社のほうで勘案いただきその上で5%が適正なのか3%が適正なのかご判断いただく形でいかがでしょうか>

当社としては、利益が多いほうがいいか少ないほうがいいかといえば、もちろん多いことにこしたことはありませんがやはり適正な利益といううものが存在すると思っています。 しかしながら、元請けさんのほうで利益がでないようであればその下請けである当社には当然(利益は)回ってこないでしょう。 この問題は、非常に難しい要素をたくさん含んでおり、一朝一夕ではとても解決できるものではありませんが、お客様のためにそして当社のためにもなるように根気よく交渉を続けていきたいと思っています。

CATEGORIES & TAGS

社長のブログ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事